2020年1月30日 第5号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー島沖で24日、地震が観測された。カナダ地震局によると、午後1時35分ごろ、マグニチュード4・5の地震が発生。震源地はバンクーバー島バムフィールドの南南西約29キロメートル、震源の深さは38キロメートルと報告されている。この地震による津波の心配はないと発表された。

 バンクーバー島西側の太平洋で起こった地震だったが、揺れはバンクーバー島のビクトリアやナナイモだけではなく、メトロバンクーバーでも感じられた。

 この日はツイッターにも多くの人が揺れを感じたと投稿。BC州スペンサー・チャンドラ議員もツイッターに「バンクーバーで地震を感じた」と投稿。続けて「いざとなった時の準備は大丈夫?」と州民に呼びかけた。

 BC州南西部では地震が相次いでいる。今年1月8日には、バンクーバー島沖でマグニチュード4・8を観測、25日にはメトロバンクーバーの東に位置するフレーザーバレーでも地震が起きた。カナダ地震局によると、午前9時22分にマグニチュード1・9の地震が発生したという。震源地はチリワックの北東約15キロメートル、震源の深さは3キロメートル。これらの地震による被害は報告されていない。

 昨年12月23日から25日の3日間では、バンクーバー島の西100キロメートルのところでマグニチュード3・6から6・2の地震が8回観測されている。

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。