2019年8月15日 第33号

 党首討論会検討委員会は12日、今年の総選挙を前に連邦政党の党首による討論会に参加可能な党を発表した。現在連邦議会に議席を持つのは6政党。その中でカナダ国民党のみ、党首討論会への参加ができない可能性が出てきた。

 検討委員会は、党首討論会へ参加できる党の条件として3条件のうち2つを満たすことを必要としている。

 3条件とは、その党として当選した議員が最低1人はいること、今年10月の総選挙に全選挙区の90パーセントに候補者を擁立すること、最後は、前回の2015年選挙で4パーセント以上の得票率を獲得したか、もしくは今年の選挙で議席を獲得する「正当な可能性」があることとしている。

 自由党、保守党、新民主党(NDP)、グリーン党、ケベック連合党は、これらの条件を満たしているとして各党首が党首討論会に参加することができると発表している。

 この中で最も議席が少ないグリーン党は、委員会によれば党首がグリーン党として議会に当選していること、今年の選挙で90パーセント以上の選挙区で候補擁立が可能なことで条件を満たしているという。現在グリーン党は2議席を確保している。

 一方で、カナダ国民党のマキシーム・ベニエ党首は、前回選挙で保守党として当選。その後、保守党党首選に敗れカナダ国民党を結成したため、カナダ国民党として当選した議員がいない。さらに、今年の選挙で議席を獲得する可能性が極めて低いとして2つ以上の条件を満たさないため、このままでは党首討論会には参加できないとの決定になったと説明している。

 ただ今回の発表が最終決定ではないため、状況が変わればベニエ党首の参加の可能性もあるとしている。

 党首討論会は、10月7日に英語で、10月10日にフランス語で実施される。

 

 

今週の主な紙面
9月19日号 第38号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
ヨガと健康・43…V-21
求人情報…V-4

詳しくは9月19日号 第38号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ