2019年8月15日 第33号

 カナダ統計局が発表した7月の労働統計では、24200人が失業し、ロイターによる12500人増加の予測を大きく下回った。失業率は前月の5・5パーセントから5・7パーセントに悪化。今年5月には失業率5・4パーセントと1976年以来の低い水準を記録したが、6月、7月と2カ月連続で悪化した。

 要因は労働市場への参入が増加したこと、卸売業、小売業が不調だったことが挙げられている。

 7月はフルタイムで11600人、パートタイムで12600人減少。民間企業で69000人減少したが、公的機関は17500人増、自営業が28000人増加した。業種別では建設業で25000人増となった。

 地域別失業率ではブリティッシュ・コロンビア州4・4パーセント、ニューファンドランド&ラブラドール州12・00パーセント、プリンスエドワード島8・4パーセントで改善した以外は悪化した。全国で失業率が最も低いのはBC州ビクトリアで3・8パーセント、次いでバンクーバー4・0パーセント。オンタリオ州トロントは5・7パーセントに、ケベック州モントリオールは5・8パーセントにやや悪化、BC州以外の多くの都市で悪化している。

 全国的に失業率が悪化した一方で給与は上昇している。全国各州の最低時給も上昇し、全国平均で同月前年比4・5パーセント上昇した。3カ月連続の上昇となる。

 州別ではケベック州で6・2パーセント上昇、オンタリオ州で5・1パーセント上昇した。

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。