2017年11月30日 第48号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市にあるバンクーバー水族館で24日、イルカのチェスターが死亡したことが分かった。同日、同水族館が発表した。

 チェスターは2014年にバンクーバー島トフィーノ付近で海岸に打ち上げられていたところを付近の住民が発見し、同水族館が保護した。

 当時は生後数週間とみられケガの状態もひどかったという。それでも同水族館の手当のおかげで快復し、カナダ漁業海洋省が自然に返すのは困難と判断したことから、同水族館が飼育していた。

 チェスターはオキゴンドウと呼ばれるクジラ・イルカの仲間で、またの名をシャチモドキともいう。バンクーバー水族館が飼育していたイルカはチェスターとヘレンの2頭のみで、今回のチェスターの死亡でヘレンだけが残されることになった。水族館は残されたヘレンのケアにしばらくは集中すると語っている。

 チェスターの死因は不明で今後死因の解明を急ぐとしている。同水族館ではイルカの死亡が昨年から相次いでいる。昨年11月には白イルカ2頭が相次いで死亡、今年6月にもイルカが死亡している。

 

 

 

今週の主な紙面
1月18日号 第3号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
桜楓会 笑顔の花咲く新年会…V-12
ヨガと健康…V-21
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは1月18日号 第3号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ