2017年11月9日 第45号

 カナダ保健庁は2日、消火器に関するリコールを発表した。ノズルが詰まったりして消化液を放出しない恐れがあるほか、ノズルを火元に向けようとして力を加えると、ノズルが本体から外れる危険性もあるという。

 対象となる消火器は、キディ(Kidde)とガリソン(Garrison)の2ブランドで、プラスチック製のハンドルを装着したタイプか、プッシュボタン式の消火器。

 プラスチック製ハンドルタイプは、1973年1月1日から2017年8月15日にかけて販売されたもので、プッシュボタン式は1995年8月11日から2017年9月22日まで販売されていた。

 カナダでのリコールは、ケディ社と米国消費者製品安全委員会が合同で発表したものに基づいている。米国内では3700万本の、カナダ国内でも270万本の消火器が対象となる。カナダ国内では、消火時に消火剤が放出されなかった事故が2件、メーカーに報告されているという。

 対象となる消火器の製品番号については、カナダ政府のウェブサイトを参照のこと
(『healthycanadian』、『recall』、『fire』、『extinguisher』で検索。)

 

 

 

今週の主な紙面
11月16日号 第46号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康質のよい体を保つ法・その2…V-21
リメンバランスデー日系カナダ人戦没者追悼式典…V-23
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは11月16日号 第46号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ