2019年8月8日 第32号

 7月31日、日系人の地位向上に努めるなど多大な貢献をしたゴードン門田氏(享年86)が死去した。

 

故ゴードン門田氏(2015年撮影 編集部)

 

 門田氏の個人にもコミュニティーの問題にも誠実に対応する姿勢に、人々は厚い信頼を寄せていた。

 いつも門田氏の問題解決のための根底にあるのは「和合、多民族共栄、対立しない」という生き方であり、最後までその姿勢を貫いた生涯であった。

 心からご冥福をお祈りしたい。

 

ゴードン門田(門田亮)氏 略歴

1933年カナダで生まれる。1940年、日本を訪れている間に開戦したため、1952年まで日本で暮らす。

グレーター・バンクーバー日系市民協会幹事長

グレーター・バンクーバー日系市民協会会長

全カナダ日系人協会初代会長

日系百年祭執行委員長

ナショナル日系ヘリテージセンター協会会長(現日系文化センター・博物館)理事長

キャナウェー・コンサルタント、オーナー

オーケーギフトショップ共同経営パートナー兼最高経営責任者

2005年 旭日小授章受章 

2015年 関西学院賞受賞

2016年 日系トーマス正山アワード受賞

(編集部)

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。