2018年8月2日 第31号

ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーの夏の風物詩ともいえる花火大会、ホンダ・セレブレーション・オブ・ライトの初日が7月28日、同市中心部のイングリッシュ・ベイで開催された。

 

ホンダ・セレブレーション・オブ・ライト 今年のスタートをきった南アフリカ代表による打ち上げ花火

 

 今年で28回目となる同花火大会は、毎年3カ国からの花火師たちが参加し、音楽に合わせて趣向を凝らした花火を打ち上げ、その技を競う。今年は南アフリカ、スウェーデン、そして韓国が選ばれている。3カ国が終えた後には、審査委員による優勝国が発表される。

 初日の7月28日の打ち上げ国は南アフリカ。会場となったイングリッシュ・ベイは多くの人で賑わい、天候に恵まれた花火大会を楽しんだ。

 バンクーバー市警察によると、これだけの人出ながら、小さな違反以外は際立ったトラブルも起きなかったという。

 同花火大会は、8月2日にスウェーデンチームが花火を打ち上げ、8月4日には今年の大会の最終日を飾る、韓国チームの打ち上げが予定されている。

(文・編集部 写真・斉藤 光一)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週の主な紙面
10月11日号 第41号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
新報独占インタビュー『ここは退屈迎えに来て』の廣木隆一監督と女優の橋本愛さん …V-11
思い切り楽しみたい!バンクーバーのハロウィン…V-11~12
MOVIES TIME OUT…V-15
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4

詳しくは10月11日号 第41号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ