2017年6月1日 第22号

 バンクーバー在住の峯柴しげさんは、5月18日に108歳の誕生日を自宅で迎えた。

 

108歳の誕生日を迎えたしげさん(左)。お祝いにかけつけたお友達に囲まれて(写真提供 桜田舞さん)

 

 しげさんは1909年名古屋市に生まれ、女学校を卒業後、一郎さんと見合い結婚した。

 戦前、京都でせんべい店を営んでいたが、戦後は福祉施設、保険会社、銀行、花店などで働き「働き者」と評判だった。

 1968年、先に移住していた娘の京子さんを頼って、夫の一郎さんとともにトロントに移住した。

 1979年、家族でバンクーバーに転居するまでは、トロントで日系商社の人からベビーシッターの仕事を得て働いていた。

 1985年、85歳で夫の一郎さんが亡くなってからは京子さんと二人暮らし。

 戦前、戦中、戦後を通して働いてきたしげさんは、100歳過ぎてもベビーシッターがしたいとか、107歳の時にも退屈して、「どこかに仕事がないかな」と京子さんにたずねたそうだ。

 今でも時々、気分のいい時は日本の歌『君恋し』などを大声で歌ったりする。

(編集部)

 

リノに行った時。娘の京子さんと(1988年)

 

トロントで夫の一郎さんと(1973年)

 

85歳のしげさん

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/