カナダチーム健闘

 第16回世界剣道選手権大会が3日間にわたり、東京・日本武道館で開催された。「心を磨き、体を鍛えて、豊かな人間形成を目指す」という理念に基づいた剣道。国際的に普及し、今回は過去最多の56か国・地域が参加した。 男子団体戦でカナダチームは、初戦で優勝した日本チームと戦い、敗退した。世界選手権は3年に1度行われ、日本では1997年の京都大会以来4度目の開催であった。3年後、2018年は韓国での開催となる。

 

カナダチーム

 

大会結果

男子個人戦(29日開催)

 優勝 網代 忠勝(日本)

 2位 竹ノ内 祐也(日本)

 3位 M.JANG (韓国) 西村 英久(日本)

男子団体戦(31日開催)

 優勝 日本

 2位 韓国

 3位 ハンガリー USA

女子個人戦 (30日開催)

 優勝 松本 弥月(日本)

 2位 Y.HU(韓国)

 3位 B.WON(韓国) 鷹見 由紀子(日本)

女子団体戦(30日開催)

 優勝 日本

 2位 韓国

 3位 USA ブラジル

カナダチーム

男子個人戦 山田 高史 ベスト16

女子個人戦 山田 花加 ベスト8

女子団体戦 ベスト16 敢闘賞 

 個人戦女子  山田 花加

 団体戦女子  Bree Yang

 

 

敢闘賞 山田 花加さん(左)Bree Yangさん(右)

男子団体戦閉会式

女子開会式

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。