2019年11月7日 第45号

ひき肉に豆腐を加えて、大根おろしとしょうがでさっぱりといただく和風ハンバーグ。沢山つくって焼いてから冷凍しておくと便利です。甘酢ソースにからめたり、トマトソースに加えたりとピンチの時にも助かります。

 

豆腐ハンバーグ(4〜6人分)

 

材料 (4〜6人分)

  • 木綿豆腐 200 g
  • 牛ひき肉 200g(できればオーガニック)
  • 豚ひき肉 200g(できればオーガニック)
  • 玉ねぎのみじん切り 小1つ分
  • 卵 1つ
  • 塩、こしょう 少々
  • コーンスターチ 大さじ2
  • サラダ油 適量
  • おろし大根
  • おろしショウガ
  • しょうゆ又はポン酢

 

作り方

  1. フライパンにサラダ油をひいて玉ねぎがしんなりし、透明になるまで炒め 冷ます。
  2. 中くらいのボウルに豆腐を入れ、手で軽く崩し、牛ひき肉、豚ひき肉、冷めた玉ねぎ、卵、塩コショウ、コーンスターチを加えて、よく混ぜる。
  3. 2を4〜6個に分け、楕円形にまとめる。
  4. 玉ねぎを炒めたフライパンをペーパータオルで拭き、サラダ油をひいて、ハンバーグを中に火が通り、両面がこんがりするまで焼く。
  5. おろし大根、しょうが、しょうゆかポン酢でいただく。

 

 


鈴木 公子(すずき きみこ):和歌山県出身。ノースバンクーバーを拠点に旬の野菜、地元の食材を使った和食を発信。母親から本当の家庭料理を学び、ミシュラン一つ星、京都とり料理瀬戸の女将さんから『おもてなしの心』を学ぶ。 Cook Culture及びWell Fed Studioの和食インストラクター。UBC Farmにて和食のワークショップ開催。
www.kimikoskitchen.wordpress.com

 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。