2019年8月1日 第31号

夏に欠かせない一品の冷奴! おしょうゆとしょうがやわさびでシンプルにいただくのもおいしいですが、お豆腐に具をのせて、ちょっとボリュームある冷奴にしてもおいしいですよ。

 

かわり冷奴

 

材料(4人分)

  • 絹ごし豆腐 1パック(300g)
  • トマト 1/2個
  • アボカド 1/2個
  • ツナ缶 1/2缶
  • 青じそ 3〜4枚

ドレッシング

  • しょうゆ 大さじ2杯
  • 米酢 大さじ3杯
  • 砂糖 小さじ1/2
  • ごま油 小さじ1/2

 

作り方

  1. 小さい器にドレッシングの材料を入れ、よくかき混ぜる。 
  2. トマト、アボカドを食べやすい大きさの角切りにし、青じそは千切りにする。 
  3. ボウルに汁をきったツナを入れ、適当な大きさにほぐす。
  4. ③にトマト、アボカド、青じそ、ドレッシングを加え軽く混ぜる。 
  5. 4等分した豆腐を器にもりつけ、④を豆腐の上に盛る。

 

Tips!
・しょうゆ系のドレッシングの代わりにバルサミコ酢とオリーブオイルをかけて、バジルを加えればイタリアン風冷奴に!

 


鈴木 公子(すずき きみこ):和歌山県出身。ノースバンクーバーを拠点に旬の野菜、地元の食材を使った和食を発信。母親から本当の家庭料理を学び、ミシュラン一つ星、京都とり料理瀬戸の女将さんから『おもてなしの心』を学ぶ。 Cook Culture及びWell Fed Studioの和食インストラクター。UBC Farmにて和食のワークショップ開催。
www.kimikoskitchen.wordpress.com

 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。