2016年6月9日 第24号

 どこで会っても、いつ会っても、その人は素晴らしい笑顔を誰にでも返している。そんな老夫婦がこのバンクーバーにいる。あの時、私はダウンタウンを一人で運転し、赤信号で停車した。すぐ横にOH! 彼らご夫婦が立っているではないか。奥さんはどうやら足を怪我しているようだ。車の窓開けて「◯◯さん、◯◯さん」と大声で呼びかけると、気がついた二人は手を振りながら「はーい」と答え、例の笑顔。私は彼らの名前を知っているが、彼らは私の名前は知らない。でも、手を振り大声で答えてくれた「ハーイ」の一言、二人の笑顔、それは素晴らしかった!

 ある時、マイケル・J・フォックス劇場でのコンサートに行った。VIP席端に、例のにこにこ御夫妻が座っていた。無論、彼らの笑顔が欲しくてご挨拶した。すると億万ドルの光り輝く笑顔が返ってきた。ふっと気付くとその席前を通る人通る人、皆笑顔でお二人に挨拶して行くではないか。それは和やかな雰囲気だ。コンサート前の心地よいひと時だった。

 初めてその人に出会ったのはある旅行社を訪ねた時だった。彼はそこを出て行く人、私は今入り口に入った人、単にすれ違っただけだ。けれど、そのすれ違いにその人がくれた優しい笑顔、サンタクロースそっくり紳士とはその後いたるところで出会うことになる。いつも誰にでも温かいにっこり笑顔で洗礼。そして、奥さんも。2人はどこでも皆を笑顔で祝福しているようだ。難聴人間の私でも笑顔くらいはできるのだよなぁ!

許 澄子

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。