2月に入った。今年は珍しく新年の目標をまだ忘れていない。いや正確には、私の場合、忘れてはいけない状況であると言ったほうが正しいのだろう。ヒビの入ったシワだらけの「かかと」もお手入れすれば10歳は若返った自信がある。勢いあまって、次に足を踏み入れてしまったのは、ピンクと黒のセクシーな内装で、女の私でさえも外から店内を見るだけでドキッとしてしまう「Victoria’s Secret」だ。豪華モデルを使用してのランジェリーファッションショーは、今や父親になり夜中にこっそりポルノを観れなくなった男性から、全くそうでないシングル男性まで、とにかく世界中の男性から絶大な人気を誇っている。というコトもあり、ここの下着は夜の実用性を重視したイメージが断然強く、幼児ふたりの育児にあたふたしていた新米母にとっては、かなり敷居の高い場所であった。だが、10歳若返った私の「かかと」は、どうやら私の心まで若返らせてくれたようで、気がつけばブラ・フィッティング専門家のアンジーに連れられ更衣室にいた。

 「すごーい!」

 下着とは正しいものを選べばこんなに人をセクシー見せてくれるものなのか。アンジーが丁寧にサイズを測り、次々と好みに合ったブラを持ってくる。不思議と恥ずかしいという気持ちが生まれるわけもなく、妹と一緒に買い物をしているような気分。「これはダメ。これはキープ」と更衣室のなかでは率直な意見が飛び交うファッションショーが始まった。脇の下の脂肪だろうと思っていた場所は、実は胸の一部だったりもして、それに合わせてカップのサイズも変わる。自分の体ながら新しい発見だ。言うまでもなく、私が今まで信じていたブラのサイズも、見事、間違っていた。

 こんなに自分の胸にフィットする完璧な(かつセクシーな!)ブラをつけたのは初めてかもしれない。今度ここに来るのは、いつになるのだろう。とりあえず気に入ったブラ3枚はすべてキープした。もちろん上下揃ってないと、来た意味がない。「せっかくなんだから黒ばかり買わずに、もっと赤とか楽しい色を着てみたら?」と言われるまま、ティファニーのネックレスが似合うアンジーとの買い物は続いた。 家に帰って早速今日買ったものを着てみた。大満足! 久々にみなぎってくる内からの自信は、人の心を開放してくれる。下着の力は決して侮ってはいけない。

 

System.String[]

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/