2020年1月1日 第1号

 「生きがいのかたち」の発信には私の中で二つの願いがあります。一つは私たちが自分の生きがいを認識し、それを大事にして生活することで、幸せな時間が増えるように。もう一つは生きがいを認識することで、周りの人をより深く理解できればとの願いです。そうした思いをベースに、生きがいの認識の視点を得るために、これまで60〜80代の方たちに話を聞いてきました。そこから見えてきたことを、ここで一度まとめてみたいと思います。

生きがいの意味

 それ以前に、そもそも「生きがい」とはどういう意味なのかを確認してみましょう。辞書をひもとくと「生きがい」とは「生きる意味、生きる目的、生きていることの喜び、幸福感」とあります。より焦点を明確にした説明では「生きていることに意義・喜びを見いだして感じる、心の張りあい」(新明解国語辞典)、「人の生を鼓舞する、人の生を根拠づけるものを広く指す」(世界大百科事典)と紹介されています。

生きがいの対象と生きがい感につながること

 私が話を聞いた人たちの多くは、定年後の仕事やボランティア、孫の世話など、何かに貢献する、誰かの役に立つことが目に見える生きがいとなっていました。ただその「誰かの役に立つ」という点は共通でも、そこから生きがい感につながるポイントは人さまざまです。例えば自分の能力や経験が生かされることや、新しい学びが生きがい感につながっている人。次世代に貢献している気持ちが充実感につながっている人。また現役時代の仕事の枠では思うようにできなかったことを、現在の活動で叶えられた喜びを語る人もいました。

 またもっと身近なことでは、家族や友人、ペットや植物との交わり、好きなものを食べたり飲んだりすること、入浴、自然に身を置くことなど、日常の活動、交流、趣味を通じての生きがいがありました。こうした場合も、第9話の市川慶輔さんのように「月に100キロ走る」と目標を決めて走りきって感じるという「達成感」が大事であったり、そこでの自分の「成長や変化」の喜び、対象との時間を「味わう楽しみ」が大事であったりと、どんなポイントが一番大きな生きがい感につながっているかは、人さまざまです。

生きがいの7つの分類

 こうしたことを、ベストセラー本『生きがいについて』(1966年)の著者で精神科医だった神谷美重子氏は、生きがいを感じている精神状態から生きがいの対象を次の7つに分類しています。

①生存充実感への欲求をみたすもの

②変化と成長への欲求をみたすもの

③未来性への欲求をみたすもの

④反響への欲求をみたすもの

⑤自由への欲求をみたすもの

⑥自己実現への欲求をみたすもの

⑦意味と価値への欲求をみたすもの

 この中で、ややわかりにくいのが未来性と意味・価値への欲求ですが、「未来性をみたすもの」とは、夢や目標を指し、「意味と価値への欲求をみたすもの」は、自分の存在意義を感じられるようなことを指し、事例として仕事や使命が紹介されています。

 この7つの分類に照らして、自分の生きがいを見つめると、自分にどんな欲求が強いのかが浮かび上がってきます。

 また私自身はシンプルに「日々の張り合い・元気づけ」になるエンジンのブースターのような生きがいを「上向きの生きがい」と呼び、絶望と見える中でも生き続ける力、命綱になるようなことを「下支えの生きがい」と捉えて、この2つの見方を使うことで、それまでと違う視点から人間を知ることができると感じています。

見えにくい生きがい

 ところで「私には生きがいがない」と思っている人にも、その人にとって生きがいとして機能しているものがあります。「よく昔のことを思い出しています」「私は自分の国に生まれて本当によかったと思う」「伴侶を亡くして辛かったけれど乗り越えてこられた」「あの世で親に再会した時に胸を張れる自分でいたい」といった自分の過去への愛おしさや、ふるさとへの誇り、試練を克服した自信などが、その例です。

 このことから「うちのお父さんは昔の自慢話ばっかり」などと小言を言いたくなったとしても、父親にとって昔を思い返すことが生きがいで、命を支え、活性化する栄養剤になっているならば「お父さん、安上がりでいいな〜」とも思えてきます。また、辛い経験をしている最中の人も、その克服がその後の生を支える大きな力になり得ると見ると、その人への声の掛け方が変わってくるように思います。そして静かな生活の中で満たされる生きがい感もたくさんある。そんな視点も持っていられたらと思います。

(取材 平野香利)

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/