カナダ統計局は11日、昨年の第4四半期の返済負担率が前期より0・9パーセント上昇し、165・4パーセントになったと発表した。世帯当たりの可処分所得に対する負債率を示したもので、カナダではかつてない高水準に達している。同局は所得の成長が負債の増加に追いついていないためと分析している。

 負債の主なものは住宅ローンで6・3パーセント上昇。2014年から急速に上昇している。昨年第4四半期の住宅ローン総額は1兆2620億ドル。その他には自動車ローンやクレジットカードなどがある。

 要因としては金利の低さがあげられている。カナダ銀行は昨年2回の金利引き下げを実施。現在の翌日物金利は0・5パーセントまで下がっている。来月にはさらなる引き下げの可能性も専門家は示唆している。

 

System.String[]

 カナダ統計局は11日、2月の失業率が前月に比べ0・1パーセント悪化し、7・3パーセントになったと発表した。2013年3月以来、約3年ぶりの悪化。失業者数は2300人で、専門家の予想9千人の就業者数増を大きく下回った。

 失業者数は5万1800人がフルタイム。ただ、パートタイムで4万9500人の就業者数増加で相殺された。業種別では、サービス業が最も失業者数が多く、4万4500人。教育、ヘルスケア、社会扶助が含まれる。天然資源産業も8900人だった。建設業では3万4千人就業者数が増加した。民間企業で1万5千人の就業者増、一方で公的機関では2万400人の失業者数となった。

 地域別では、失業者数はサスカチワンが最も多く7800人。失業率も前月より0・3パーセント上昇し5・9パーセントとなった。それでも全国で最も低い。ニューブランズウィック州では5700人。失業率も9・9パーセントまで上がった。一方、就業者数が増えたのはブリティッシュ・コロンビア州で1万4100人。ただ失業率は6・6パーセントと変わらなかった。

 原油価格急落の影響が最も大きいアルバータ州では、就業者数1400人増だったものの労働市場参加者が増加したため、2月の失業率は前月より0・5パーセント上昇し7・9パーセントまで悪化した。この数字はケベック州の7・6パーセントを超える。アルバータ州が失業率でケベック州より高くなるのは約30年ぶり。アルバータ州の過去最悪は1995年8月の8・2パーセント。

 失業率は東海岸州で高く、ニューファンドランド&ラブラドール州ではやや改善したものの依然14・1パーセントと高く、プリンスエドワード島州でも11・0パーセントと前月に比べ1・5パーセント悪化し、2桁台に突入した。ノバスコシア州でも9・1パーセントとなっている。

 

System.String[]

 カナダ銀行は9日、翌日物金利を0・5パーセントのまま据え置くと発表した。今月22日に連邦政府が発表する来年度予算案を待って次の金融政策を決めるとしている。

 今回の金利据え置きは予想範囲内だったため、市場が大きく反応することはなかったが、カナダドルは直後から1セント近く対米ドルで上昇した。

 カナダ銀行は昨年2回にわたり各0・25パーセント金利引き下げを行った。原油価格の急激な下落によるカナダ経済の悪化を考慮したもので、昨年7月に引き下げて以来0・5パーセントを維持している。

 この日は、今後について原油価格の低水準は継続すると予想されるが、アメリカ経済が好調さを取り戻しつつあり、不安定要素は軽減されつつあるとの見通しを語り、金利のさらなる引き下げに踏み切るかは言及しなかった。ただ専門家は、次の発表でさらに引き下げる可能性は十分にあると語る。

 まずは連邦政府の予算案を待ち、どういった経済政策を打ち出すのか静観する構え。連邦政府は来年度予算案でかなりの赤字予算になることがすでに示唆されており、カナダ銀行の動きに注目が集まる。

 

System.String[]

 国連が発表している世界ハッピーな国レポートで、2016年の1位はデンマークとなった。今月20日の世界ハピネスデーに合わせ、16日に発表された。

 156カ国を対象にした調査で、1人当たりの国内総生産(GDP)、健康寿命、社会支援、政治的安定、人生選択の自由度、寛大さ、幸せの不公平さなどの項目で順位を決定する。

 2位はスイス、3位はアイスランド、4位ノルウェー、5位フィンランド、6位にカナダが入った。昨年の5位から一つランクを落とした。アメリカは13位、日本は53位だった。

 

System.String[]

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー空港に到着した中国からの乗客が、はしかに感染しているおそれがあると、当局が発表した。

 この乗客は、中国・北京から中国国際航空991便で3日午前9時30分頃バンクーバー国際空港に到着したが、その後はしかの症状が現れた。また機内で感染した可能性があるという。

 バンクーバー・コースタル保健局では、この便の乗客、またこの時間帯に空港の国際線到着ロビーに居合わせた利用客に対し、はしかの予防接種が有効かどうか確認するよう呼びかけている。

 はしかの症状は、熱、せき、鼻水、結膜炎などかぜの症状に似ているが、やがて赤い発疹が全身に広がる。空気感染力が極めて強い上に死に至る危険性があるため、はしかの恐れを疑い受診する場合は、待合室での感染を避ける準備を医療機関が行えるよう、事前にその旨を伝えて予約を取ってほしいと保健局ではアドバイスしている。

 

System.String[]

 

今週の主な紙面
5月24日号 第21号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
オタワ便り~小倉マコのこんな毎日~ その31…V-15
5ドルクッキング…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは5月24日号 第21号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ