2020年2月6日 第6号

 北米の春の訪れを予測する2月2日の恒例行事、グラウンドホッグ・デーが今年もカナダとアメリカで行われた。

 同名の映画もあってアメリカのグラウンドホッグ・デーが有名だが、カナダ各地でも行われている。

 北米で最も早いグラウンドホッグの登場は、ノバスコシア州ハリファックス北部のシューベナガディーのサムくんで、今年は春の訪れが遅いと予測した。

 その1時間後に登場したのは、オンタリオ州ワイアトンでウィリーくん。ジャニス・ジャクソン市長とダグ・フォード州首相が見守る中、春の訪れは早いと予測した。しかし、ワイアトンではちょっとしたハプニングも。ウィリーくんは早いと予測したが、市長が勘違いして遅いと発表。式典を仕切り直して「早い」と笑いながら訂正した。

 ケベック州ヴァルデスポワールのフレッド・ラマーモットくんも、春の訪れは早いと予測した。

 ちなみに最も有名なアメリカ・ペンシルバニア州パンクストーニーのフィルくんも早いと予測。グラウンドホッグの間で意見が割れたようだ。

 グラウンドホッグ・デーとは、リス科の動物グラウンドホッグ、別名ウッドチャックが、2月2日に巣穴から出てきて自身の影を見たと告げればさらに6週間冬が続くため春の訪れが遅く、見なければ早く春が訪れると予測してくれる、北米では有名な行事。まだまだ寒さが厳しい北米の2月初旬に春を告げる楽しいイベントとなっている。

 ただ、グラウンドホッグの的中率は37パーセントとやや低めということだ。

 

 

今週の主な紙面
3月26日号 第13号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
新型コロナウイルス(COVID-19)関連情報…V-2~4
オタワ便り51…V-12
外から見る日本語216…V-12
TIME OUT(イベント情報)…V-14~15
CLASSIFIED…V-16~19
求人情報…V-6

詳しくは3月26日号 第13号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ