2020年1月23日 第4号

 ジャスティン・トルドー首相は17日にオタワで記者会見し、カナダ政府はウクライナ機墜落事故の犠牲者一人につき2万5千ドルを支援すると発表した。

 対象となるのはカナダ国籍を有する57人と永住権保有者29人。トルドー首相は、犠牲者の家族らにとって「葬儀の手配や渡航費など早急に必要な資金を支援するため」と説明した。

 金額については、犠牲者の家族と話し合いを持った政府の事故支援グループが決定したという。支援総額は210万ドルとなる。

 トルドー首相は、カナダ政府の支援はイラン政府からの補償金を肩代わりするものではないと語り、「犠牲者の家族にはすぐにでも支援が必要であり、政府としてはできるだけ早くに渡したいと思っている」と語った。

 それ以外にも、現地への渡航に必要なビザ関連について専用の問い合わせ先を設けたり、渡航ビザ発行に必要な費用を無料にしたり、精神的なケアを援助する対策などの措置をすでに発表している。

 今月8日にウクライナのキエフに向かってイランのテヘランを飛び立ったウクライナ国際航空752便は、離陸直後に撃墜された。原因はのちにイランのミサイル誤射によるものと判明、イラン政府もそれを認めた。搭乗していた乗客乗員176人全員が死亡、57人がカナダ国籍で、他にイラン、イギリス、スウェーデン、アフガニスタン、ウクライナ国籍者が犠牲となっている。搭乗者のうち138人の行き先はカナダだったと伝えられている。

 カナダ政府によるとカナダ人犠牲者のうち、約30人の遺体はイランで埋葬されたという。17日に全国ネットワークCTVの政治番組に出演した自由党オマー・アルガブラ議員は、カナダ国籍と永住権保有者のうち約30人がイランで埋葬され、2人の遺体は早ければ週末にもカナダに送還される予定と語った。

 トルドー首相は、墜落事故に関してイランが全責任を負うべきとし、犠牲者の家族に対する補償はイランが負うべきと主張した。

 20日付のロイターによると、イラン政府はカナダに対して墜落事故で犠牲になった二重国籍者はイラン国籍とみなすと伝えたと語っているという。イランの法律によると二重国籍の犠牲者はイラン国籍者であり、イランの法律によって犠牲者とその家族に対応すると語っていると伝えている。

 

 

今週の主な紙面
3月26日号 第13号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
新型コロナウイルス(COVID-19)関連情報…V-2~4
オタワ便り51…V-12
外から見る日本語216…V-12
TIME OUT(イベント情報)…V-14~15
CLASSIFIED…V-16~19
求人情報…V-6

詳しくは3月26日号 第13号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ