2020年1月23日 第4号

 ブリティッシュ・コロンビア州メトロバンクーバーを走るスカイトレインのカナダラインに新車両が導入された。

 リッチモンド市で行われた21日の記者会見で、メトロバンクーバーの公共交通機関を管理運営するトランスリンクのCEOケビン・デスモンド氏は、今日から4車両が導入されラッシュアワー時には利用可能者数が最大15パーセント増加すると語った。さらに春までに8車両が増加され、最大35パーセント増加するという。ピーク時で輸送能力は最大2千人増となると語った。

 リッチモンド市マルコム・ブロディ市長は、「今日から車両増加で、市長評議会ビジョン第2段階が始まる」と語った。

 カナダラインは、2010年2月にバンクーバーで開催された冬季オリンピックを前に2009年に開通した、リッチモンド市、バンクーバー国際空港、バンクーバーダウンタウンを結ぶスカイトレインで、市民や旅行者の足として利用されている。

 バンクーバーでは環境問題と合わせて公共交通機関の充実を図っていて、メトロバンクーバーの市長で構成される市長評議会が公共交通機関拡大10年プランを承認。現在は第2段階に入っており、今回の8800万ドルの投資もその一環となっている。

 

 

今週の主な紙面
3月26日号 第13号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
新型コロナウイルス(COVID-19)関連情報…V-2~4
オタワ便り51…V-12
外から見る日本語216…V-12
TIME OUT(イベント情報)…V-14~15
CLASSIFIED…V-16~19
求人情報…V-6

詳しくは3月26日号 第13号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ