2020年1月23日 第4号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州グリーン党アンドリュー・ウィーバー前党首が15日、グリーン党を離党し無所属で残りの任期を全うすると声明を発表した。詳細は明かしていないが、家族の健康問題が理由としている。

 これでBCグリーン党はアダム・オルセン暫定党首(サーニッチ・ノース選挙区)とソニア・ファーステノー議員(カウィチャン・バレー)の2人となる。

 ウィーバー前党首は2013年にグリーン党として初当選、BC州初のグリーン党議員が誕生した。2015年にはグリーン党党首に就任、2017年選挙では2期目の当選を果たし、さらに2人がグリーン党から立候補して当選するという快挙を成し遂げた。

 2017年のBC州選挙では自由党が最多議席を獲得するも過半数に及ばず、新民主党(NDP)との議席差はわずかに2。そこで3議席を獲得したグリーン党が政権の行方を左右するカギとなり、非公式だが政権運営でNDPと協力する協定(CASA)を結び、NDP・グリーン政権が誕生した。議席数が少ないNDPが政権を担うという、微妙なバランスのBC州政治のカギをグリーン党が握ることになった。

 今回のウィーバー前党首のグリーン党離党で議会の議席数は、自由党42、NDP41、グリーン2、無所属が2となる。もう一人の無所属は自由党から離党し議長となったダレル・プリカス議員。

 ウィーバー前党首は2021年まで任期を全うするため、NDP政権に影響はないとオルセン暫定党首は語っている。ウィーバー前党首は、自身の体調不良を理由に昨年10月に次期選挙には出馬しないことを表明。11月には党首を辞任することを発表し、今月6日には辞任している。グリーン党離党については、BC州議会が始まる前の今月20日から無所属議員となっている。

 グリーン党の次期党首は今夏には決定される予定と発表している。

 

 

今週の主な紙面
3月26日号 第13号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
新型コロナウイルス(COVID-19)関連情報…V-2~4
オタワ便り51…V-12
外から見る日本語216…V-12
TIME OUT(イベント情報)…V-14~15
CLASSIFIED…V-16~19
求人情報…V-6

詳しくは3月26日号 第13号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ