Cats • The Whale and the Raven • Weathering With You


 

Cats

カラフルなダンスシーン 2019 © Universal Pictures 

猫の世界を描いたミュージカル映画

『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督による、米英合作のミュージカル・ファンタジー映画。原作はT.S. エリオットの『キャッツ』で、アンドルー・ロイド・ウェバーによる同名のブロードウェイ・ミュージカル劇の映画化。出演はジェニファー・ハドソン、テイラー・スウィフト、イアン・マッケラン、ジェームズ・コーデン、イドリス・エルバなど。舞台はロンドンの路上にあるゴミ捨て場。子猫のヴィクトリア(ロイヤル・バレエ団のフランチェスカ・ヘイワード)は、ある日飼い主に捨てられる。側にいた個性的な捨て猫たちは歌って踊りながら、ヴィクトリアに生きる知恵を与える。ロイヤル・バレエ団トップダンサーのスティーブン・マックレーやヒップ・ホップ、歌手などプロのアーティストたちが共演するので見逃せない。

G 1:49 hr

上映:Fifth Avenue Cinemas (19+), Cineplex Odeon Park & Tilford, Cineplex Odeon International Village, Cineplex Cinemas Marine Gateway & VIP, Cineplex Cinemas Metropolis, SilverCity Riverport, Cineplex Cinemas Coquitlam & VIP, Cineplex Cinemas Langley, Landmark Cinemas New Westminster

 


 

The Whale and the Raven

海とクジラはやはり大きなスクリーンで 2019 © VIFF

海とクジラの在り方について考える映画 

ドイツ人のミリアム・ロイゼ監督による、BC州の無人島ギルにあるグレート・ベア熱帯雨林でのドキュメンタリー映画。そこではクジラが自然に育ち、遊びながらお互いを呼ぶ声がこだまする憩いの場所。クジラ研究者のヘルマン・ミューターとジャニー・レイは、海洋環境を調べるためにギル島に研究室を設けた。だが近くに新しい液化天然ガス(LNG)輸出工場が建設されると、ガス産業によるオイルタンカーの交通量と騒音が増加。また通常、観光船も含めてクジラ、イルカなど哺乳類には200m〜400mの接近距離を保つよう義務づけられているが、その規則も守られていない。映画はエコシステム破壊の様子と、故郷を守ろうとするファーストネーション対政府の論争を含めて、なぜ今私たちがクジラを守らないといけないのか説明してくれる。

G 1:40 hr

上映:Vancity Theatre  

1月10日(金)6:30 PM から 1月16日(木)8:50 PM まで
毎日上映 詳しい上映時間はViff.orgを参照

 


 

新春日本アニメ:1日限りの特別上映
Weathering With You  天気の子

映画のポスター 2019 © 東宝

『てるてる坊主』と祈る日和 

映画『君の名は。』の新海誠監督による3年ぶりのアニメーション映画。伊豆諸島に住む高校一年生の森嶋帆高(声:醍醐虎汰朗)は夏休みに家出して東京にやってくる。ネットカフェにいながら数日で所持金がなくなり、ライターのアルバイトをしながら自分の未来に不安を抱き始める。そんなある日、祈ると一時的な晴天を呼ぶことのできる『晴れ女』こと、天野陽菜(声:森七菜)と出会う。彼女は小学生の弟との二人暮らしで経済的に困っていたので、二人で晴天を呼ぶネット商売をはじめる。だが特殊能力を持つ陽菜の存在がテレビで暴かれると、警察や児童相談所などに追われてしまう…。日本語に英語の字幕付き。

STC 2:01 hr

上映:1月15日(水) Cineplex Odeon International Village, Cineplex Odeon Park & Tilford, SilverCity Riverport, Cineplex Cinemas Coquitlam & VIP,

Cineplex Cinemas Langley(1月16日も上映) 

 

(文 ジェナ・パーク)

 

映画 年齢制限
PG 保護者の同伴が望ましい。
PG-13 13歳未満は保護者の 注意や指導が望ましい。
14A 14歳以下は保護者の 同伴が必要。
18A 18歳以下は保護者の 同伴が必要。
19+ 19歳以上のみ。
G 制限なし。
STC 年齢制限未設定 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。