Charlie’s Angeles • Ford v. Ferrari • A Picture with Yuki


 

Charlie’s Angeles

美人、かっこいい、かわいい3人組 2019 ©Sony Pictures 

女性トリオが活躍するアクション・コメディー

女優のエリザベス・バンクス監督・出演による『チャーリーズ・エンジェルズ』シリーズの続編。主演はクリステン・スチュワート、ナオミ・スコット、エラ・バリンズカ。プライベートな顧客のために働く、世界で腕利きのエージェントのエンジェルズ。一人のシステム・エンジニアがテクノロジーを使って危険行為を始めると、彼女たちは人々を守るために立ち上がる。前回のエンジェルズ、 ドリュー・バリモアもエグゼクティブ・プロデューサーとして製作に加わっている。撮影はドイツとトルコで行われた。

PG 1:58 hr

上映:Scotiabank Theatre, Cineplex Odeon Park & Tilford, Cineplex Cinemas Marine Gateway & VIP, Cineplex Cinemas Park Royal & VIP, Cineplex Cinemas Metropolis, SilverCity Riverport, Cineplex Cinemas Coquitlam & VIP, Cineplex Cinemas Langley, Landmark Cinemas New Westminster

 


 

Ford v. Ferrari

マット・デイモン 2 019 ©20th Century Fox

ル・マン耐久レースとフォードGT40 

ジェームズ・マンゴールド監督による実話のスポーツドラマで、主演はマット・デイモンとクリスチャン・ベール。舞台は1963 年。フォード・モーターはフェラーリの創業者エンツォ・フェラーリに会社買収をもちかけたが、寸前に断られてしまう。プライドを傷つけられて怒ったフォード側は、次のル・マン24 時間レースで当時4連覇していたフェラーリを打ち負かそうと決意する。だが1964 年の大会では開発した全車がリタイア。それでもめげずに新しい車を開発しながら次の大会へと挑む。映画は当時のフォード会社のエンジニア兼設計士だったキャロル・シェルビー(デイモン)と専属レーサーのケン・マイルズ(ベール)の視点から描く。

PG 2:32 hr

上映:Scotiabank Theatre, Fifth Avenue Cinemas (19+), Cineplex Cinemas Marine Gateway & VIP, Cineplex Cinemas Park Royal & VIP, Cineplex Cinemas Metropolis, SilverCity Riverport, Cineplex Cinemas Coquitlam & VIP, Cineplex Cinemas Langley, Landmark Cinemas New Westminster

 


 

一日限りの特別上映

A Picture with Yuki ユキとの写真

主演の杉野希妃 2019 ©The Cinematheque

もとに戻れないほど苦しい出来事 

ドキュメンタリーを多く手がけているラチェザール・アヴラモフ監督の長編デビュー作で、ブルガリアと日本初の共同制作映画。カナダで出会って恋に落ち、結婚したブルガリア人男性ゲオグ(ルーシェン・ヴィディンリエフ)と日本人女性のユキ(杉野希妃)。結婚して2人で夫の故郷のブルガリアのソフィアへ引っ越す。なかなか子供に恵まれない2人は、不妊治療をしながらいつか子供を授かることを夢見ていた。しかしある時交通事故を起こし、一人のジプシーの少年の命が失われてしまう。少年の父親を含めて誰のせいなのかと問いながら、カルチャーの違いと夫婦の絆に焦点をあてる。今年のソフィア国際映画祭で観客賞を受賞した作品。

18+ 1:50 hr

上映:The Cinematheque (1131 Howe Street)
11月28日(木)6:30 PM

(文 ジェナ・パーク)

 

映画 年齢制限
PG 保護者の同伴が望ましい。
PG-13 13歳未満は保護者の 注意や指導が望ましい。
14A 14歳以下は保護者の 同伴が必要。
18A 18歳以下は保護者の 同伴が必要。
19+ 19歳以上のみ。
G 制限なし。 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。