バンクーバー在住の峯柴志げさんは、今年の5月18日(1909年、明治42年生まれ)104歳を迎えた。志げさんの一日は朝9時頃に起床、顔を洗って身だしなみを整えてヨーグルトにきな粉をかけ、ハチミツを少々加えて朝食をとることから始まる。昼食はおかゆや野菜を煮たものなど。夕食はうどん、焼きいも、大根おろしなど。日中は日本語テレビを見たり、昼寝をしたり、日本の歌を唄ったりして過ごす。天気の良い日は娘の京子さん(72歳)の運転で、1時間半位ドライブを楽しむこともある。現在は京子さんと二人暮らしで、京子さんが毎日志げさんの介護をしている。1969年60歳の時に夫の一郎さんとカナダに移住。名古屋市戸田の出身。

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/