2018年3月8日 第10号

ホワイトキャップスの2018年シーズンが開幕した。3月4日、BCプレースに超満員のファンが詰めかけたカナダのライバル、モントリオール・インパクトとの一戦は、ファンの期待に応える初物尽くしの勝利となった。

 

ゴール前で果敢に攻め込むFWカマラ(中央)。2018年3月4日BCプレース

 

3月4日(BCプレース:27,837)
バンクーバー・ ホワイトキャップスFC 2―1 モントリオール・インパクト

 

 前半は両チーム無得点。先制は後半ホワイトキャップス。63分にFWカマラが決め1‐0。さらに70分には1点目をアシストしたMFデイビィズが決め2‐0とした。しかし81分、守りの隙をつかれてインパクトFWマンクースに1点を返される。その後は残り10分を守り切った。

 

2つの初ゴールで今季初勝利

 先制点を決めたのは、ニューイングランド・レボリューションから今季、ホワイトキャップスに移籍してきたMLSベテランFWカマラ。中盤左からMFデイビィズが、中央に走り込んだカマラに絶好のパスを繰り出すと、ヘッドで合わせて左隅に決めた。

 前半、試合全体が緩い展開の中で、一人積極的なプレーを見せていたカマラは、ゴールキーパーのキックミスで絶好のチャンスをつかんだものの決め切れず、フィールドを叩いて悔しがった。その悔しさが、この一弾で報われた。ホワイトキャップスでの初ゴール、今季のチーム初ゴールをチームメイトと喜んだ。

 試合後、デイビィズとのコンビを聞かれ「プレシーズンからうまくいっていた。それが試合に出た。彼は、まだまだ若い選手だし、今日のようなプレーを続けていけるよう後押しする」と、ベテランらしい言葉を語った。

 2点目は70分。そのカマラの初ゴールをアシストしたデイビィズが、右から上がってきたMFテチェラからのパスを中央で合わせてゴールを決めた。GKが一瞬止めたボールは弾かれネットに吸い込まれた。これが、15歳からホワイトキャップスでプレーする17歳デイビィズのうれしいMLS初ゴールとなった。

 喜びを隠せないデイビィズは試合後、記者に囲まれると終始笑顔。期待がかかる若手カナダ人選手として「とにかく1試合1試合に集中していきたい」と語った。新加入カマラとのコンビは「いい選手だし、いいロールモデルでもあるし、一緒にプレーできてうれしい」と語り、プレシーズンから一緒にやって意気投合したと笑顔を見せた。

 ロビンソン監督は、カマラについて「悪くなかったね」と笑って、「ラインをうまく導いて、ベテランらしいプレーを見せてくれた。ほんとにプレーしたくて、仕方がないという感じだった」と語った。デイビィズについては、大事に育てていくプレーヤーとして「今日のようなプレーが続けられるかが大事」と語った。

 

ホワイトキャップス史上最大観客動員数を記録

 この日の開幕戦にはファン2万7837人が詰めかけた。ホーム開幕戦の観客動員数としては、ホワイトキャップスが誕生した1974年以来、最も多い記録となった。

 昨季のホワイトキャップスは、プレーオフ準決勝で、シアトル・サウンダーズFCに惜しくも敗れたが、プレーオフ初勝利を挙げるなど、名実ともに上がってきている。

 今季はどんな試合を見せてくれるのか。ファンの期待が見えた開幕戦となった。

 

アジアからの選手は今季もなし

 3月2日に行われたメディアデーで、社長ボブ・レナデュージィ氏は、アジアからの選手について、すでにマーケットがクローズしているため現在は入団の可能性はないと語った。

 しかし7月にトレードが解禁されれば、また可能性はあるという。「アジアでも、もちろんいい選手がいないか常に調査している」とレナデュージィ社長。

 それでも、日本を含めたアジアからの選手の入団は、しばらくはお預けとなりそうだ。  

 

3月のホームゲーム
3月24日(土)7pm LAギャラクシー戦

(取材 三島 直美 / 写真 斉藤 光一)

 

 

MLS初ゴールを決めたMFデイビィズ(右)。この日はカマラへのアシストも決めた。2018年3月4日BCプレース

 

 

今週の主な紙面
6月14日号 第24号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
リッチモンド「Doors Open」&スティーブストン日本語学校卒業式…V-2
MOVIES TIME OUT…V-11
VSO バンクーバー交響楽団音楽監督ブラムウェル・トービー氏を見送るガラ・コンサート開催…V-14
ゴールラッシュで久々のホーム白星!!チームは6月2連勝…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは6月14日号 第24号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ