2017年7月13日 第28号

 皆さん、御無沙汰致しました。ボク、忙しかったんだ。でも今日は、また、お隣りのバッツ小母さんの近況をお知らせします。小母さんは、二年程前に運転停止になっちゃったんだ。眼はとても良いんだけど、ペレフィアルとか何とかが悪いんだって。小母さんは出好きだからがっくりなったんよ。でもそこは、小母さんの小母さんたるところ。バス、タクシーを使って出て歩いているんよ。で、タクシーは、大体インド人のドライバーが専用じゃない。で、小母さんは大いに、インド人について知識を深めたんよ。小母さんが好きなのは、ターバンした男の人なんよ。ターバンしてる人は、シーク教の信者だからね。神を信じている人を小母さんは信用するんよ。カトリックだって、シークだって、神は神だよ。で、いつかカトリックの教会に行くのに、シークのタクシーの運転手がつれて行ってくれたのよ。とても親切で、車を降りるのに手を取って教会まで連れて行ってくれたのよ。そしたら数分後、また、帰って来たのよ。小母さん、呆けて財布を席に置いたまま出ちゃったのよ。しっかりしてよ。それを持って来てくれて、うやうやしく小母さんに渡してくれたんだ。もう一人のシークの信者は、小母さんに「どこへ行かれるんです。教会ですか?教会、良いですねえ。僕も教会好きです」と、大いに張り切っちゃったんだ。

 小母さんは、毎月一回、前田多枝氏の主催する独唱会で歌うために、タクシー使うのよ。そしたらドライバーが、「何しにいらっしゃるんです?」ときいたのよ。そこで小母さん「歌いに行くのよ」と云ったら、ドライバーは、「うそっ!」って云うのよ。だって、インドの小母さん達は、小母さん位の年だったら、子供や孫やらの為にせっせと働いて、歌なんか唱っていられないよね。「本当よ」と云ったら、「じゃ、歌ってみせて下さい」って云うから、小母さん、小声で唱ったら「around the world」、今度はすっかり感心して、「凄いな。マドンナのようだ」と張り切っちゃったのよ。

 「貴女、日本人の血が入っているんですか?」ときいたのもいるよ。「え?どうして?」ときいたら、「最初の印象では、カナダ人だと思った。だけど僕は、日本に行ったことがあるんで、日本人の血が入っているのかなと思った」。うん、賢いね。小母さんが気に入ったのは、「僕たちは老人を尊敬するんです。年取った人々は、我々よりかしこく、人生経験があり、カルチャーがあります」。その通り。で、小母さんは今でもますます知識を深めて、かしこくなっているんよ。で、僕は、その報告をしますから待ってて下さい。

 


<寄稿・投稿のお願い>
 本紙では、読者の皆様からのご投稿をお待ちしております。投稿欄は個人の意見を自由に述べていただくということを原則としていますが、文中、特定される個人、人種などを挙げて誹謗中傷している場合は編集部で削除させていただきます。投稿内容についてバンクーバー新報では事実確認はしておりません。また投稿内容は、バンクーバー新報の意見を反映するものではありません。オープンスペースとしてお気軽に使っていただきたいと思います。紙面の都合上、掲載日は確約できません。また、文字数は2000字以内とさせていただきます。編集部から不明な点などを確認できるよう、必ず連絡先を、また匿名を希望される場合は、その旨明記してください。

編集部

郵送先:Vancouver Shinpo: 3735 Renfrew St. Vancouver, BC V5M 3L7
Fax: 604-431-6892
E-mail: This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.

 

 

今週の主な紙面
11月16日号 第46号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康質のよい体を保つ法・その2…V-21
リメンバランスデー日系カナダ人戦没者追悼式典…V-23
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは11月16日号 第46号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ