2018年6月28日 第26号

 「近所の子供がさ、今週末、結婚するのよ。彼女、まだ23歳なのに!」

 結婚するには早すぎる年齢だということを強調しながら、いつも仲良くしているママ友が言った。わたしも23歳で結婚したのでそのことを伝え、あのときは、いろんな人から「早すぎる!他にもいろんな人と付き合ってみたら?」など、言われたのを思い出した。

 「結婚は〇〇歳くらいにするべきだ」なんていう価値観を持っている人の多くは、結婚自体が一生に一度のイベントじゃないといけないだとか、結婚したらすぐ子供を作らなきゃいけないとか、旅行や外食もほどほどにだとか、「こうあるべきだ」という「こだわり」のある結婚観を持っているからこそ、年齢だけで、それが良い決断、悪い決断と評価してしまうのかもしれない。

 そんな結婚観が昔も今もない私は、成人に対して「結婚するには早いだの、遅いだの」という意見を聞くたびに、残念に思ってしまう。「この人と家族になりたい」と、お互いが思えること自体が素晴らしいことなのに。そんな気持ちになることが、生きているうちに何回あるんだろう。私だったら、そんな機会を逃したくない。結婚した後は、呼び名が彼氏から夫(あるいは彼女から妻)になるだけで、独身時代と変わらない生活を続けたいなら、続けられる。もし、他の人と付き合いたくなったら、その時に考えたらいいのでは。恋愛なんて、しようと思ってできるものではないし。離婚にしても、晩婚・早婚にかぎらず、する人はするし、しない人はしない。そもそも離婚することは、悪いことじゃない。結婚、離婚云々の形(結果)じゃなくて、その中身である過程−どんな人生を送るのか−にフォーカスしたいな。

 そんなことを思いながら、23歳の彼女が幸せになりますようにと、私は願う。

 


■小倉マコ プロフィール
カナダ在住ライター。新聞記者を始め、コミックエッセイ「姑は外国人」(角川書店)で原作も担当。 
ブログ: http://makoogura.blog.fc2.com 

 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。