2017年12月7日 第49号

 こんにちは。今年最後のまるごとカナダとなりました。今回は、53歳の若さでカナダの総督に就任したジュリー・ペイエット氏(現在54歳)について話したいと思います。

 ご存知の方も多いと思いますが、カナダはイギリス連邦に属しているので、カナダの国家元首は英国の君主、エリザベス2世となっています。ふだんエリザベス2世はカナダ国外にいるので、その名代として総督が任命されています。そして、今年の10月2日に第29代となるカナダ総督に就任したのが、ジュリー・ペイエット氏です。

 彼女が話題になっているのは、やはり元宇宙飛行士であることが関係しているでしょう。1963年10月にモントリオールで生まれ、1986年にマギル大学で工学の学士号を取得し、その後IBMへ就職。1990年にトロント大学で応用化学の修士号を取得し、1992年にはCSA(カナダ宇宙庁)の宇宙飛行士の候補に選ばれました。1999年と2009年の2度にかけて、国際宇宙ステーションに行き、国際宇宙ステーションに搭乗した初のカナダ人となりました。また2000年から2007年にはカナダ宇宙庁の主任宇宙飛行士として活動しています。

 就任演説では「我々は地球という同じ星の住人」と宇宙飛行士らしく語り、地球上の問題を力を合わせて取り組むことの重要性を語ったのは印象深かったです。総督の任期期間は、通常5年で1年の延長が認められていますが、宇宙から世界を見たペイエット氏の新しい視点での活動が、これから楽しみです。

 

Her Excellency the Right Honourable Julie Payette, Governor General and Commander-in-Chief of Canada (Photo Credit: Sgt Johanie Maheu, Rideau Hall © OSGG-BSGG, 2017)

 


 ■ 小倉マコ プロフィール

カナダ在住ライター。バンクーバー新報での「まるごとカナダ」「小倉マコのオタワ便り」コラムを始め、新聞記者、コミックエッセイ「姑は外国人」(角川書店)で原作も担当。フェイスブックも始めました!読者の皆さんと繋がれたら嬉しいです。https://www.facebook.com/ogura.mako1

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。