2018年6月7日 第23号

 こどもが親の言うことを聞かなくて、疲れきっているという親御さんは多いと思います。ですが、違う視点から見ると、親の言うことをよく聞きすぎるお子さんというのも問題です。親の言うことをよく聞くこどもは非常に育てやすく、先生からの受けもいいのですが、いい子になり過ぎると、自分の本音がよく分からなくなってしまうかもしれません。反対に、親のいうことを聞かない子というのは、非常に育てにくく、とてもエネルギーを要しますが、何かとても強いビジョンを持って生まれてきた可能性があります。もし何かを達成しようと強く決めてこの世に生まれてきたのだとすると、親の意見を聞くはずがありませんし、こどもにとって、あなたの人生哲学はあまり役立たないのです。だとすると、あなたの親としてのお役目は、あなたの言うことをこどもに聞いてもらうことではなく、あなたがこどもの言うことをよく聞いて、上手にビジョンを引き出してあげることです!

 

一生懸命な親ほどこどもの話を聞いていない

 皮肉にも、高いビジョンを持って生まれてきたお子さんほど、一生懸命すぎる親の元に生まれてくることがよくあります。一生懸命な親御さんというのは、自分の話をまず聞いて欲しいという、強い欲求のある親のことです。つまり、元々はその親も、とても高いビジョンを持って生まれてきたこどもだったのです。また、幼い時に親からあまり話を聞いてもらえなかったり、否定されたり、厳しすぎたり、構われすぎてしまったりして、自分の力を上手に引き出せなかった人という傾向もあります。そんな人ほど、親になると一生懸命になりすぎて、親としての自分の成績を上げようとしたり、幼い時に受けた傷を子育てから癒やそうとしてしまいます。子育てに一生懸命すぎる人は、こどもは自分の成績表ではないことをしっかり自覚してみると、客観的に自分の言動が見えるので、少しバランスが取りやすくなるかもしれません。

 

日本人親のツッコミvs. カナダ人こどものボケ

 一生懸命な親ほど、ツッコミのタイミングが非常に早い傾向にあります。例えば、こどもが何かをやる前にやってしまう、こどもの考えていることをすぐに否定したり訂正したりするなど。こういう親のツッコミは、早ければ早いほど、カナダ育ちのこどもは“I don’t know”と、とボケるようになります。こどもからしてみると、分からないという理由は、「どうせ言っても否定されるだけだから」、「考えるのが面倒臭い」、「みんながそう答えているから楽に逃げられる」、「本当に分からない」など、いろいろな理由があります。これらは、親がこどもの話や感情を普段からちゃんと聞いていないことが大きな原因の一つになっており、こどもが自分の尊厳を密かに守ろうとしている可能性があります。

 

親のツッコミが早いほどこどもは聞かなくなる

 「ツッコミ、早いかも…」と思い当たる親御さんは、以下のことを意識して、こどもの気持ちを少しでも聞こうとする努力をしてみてくださいね。 ①体を前にかがめて、聞いているという姿勢を見せる ②ゆっくり「い〜ち」と数えるような間で、頷きながら聞いてあげる ③こどもの鏡になる。例えば、こどもが友達の誕生日パーティーに招待されなかったとしましょう。その時に 「パーティーに誘ってもらえなかったんだから、それは仕方ないでしょ」というような言い方をしてサポートすることがありますが、これではこどもは気持ちを引きずってしまいます。こういうときほど、“Are you hurt that Cindy didn’t ask you to the party?” “You feel jealous because Mike got picked and you didn’t” など、“feel”を入れてこどもの気持ちに対して、親が鏡になって話を聞いてあげてください。そうすると、こどもは親に気持ちを理解してもらえたと感じ、明るい気持ちになれます。こどもの話には、 包み込みようにして聞いてあげると、心を開き、親の言葉にも少しずつ耳を傾けるようになるので、試してみてくださいね。

 

カウンセリング&ワークショップの詳細はウェブサイトから。 www.sunnychung.ca

 


Sunny Chung MBA, MCP, RCC, CPF

カナダ・BC 州認定心理カウンセラー。BC 州認定アドラーペアレンティング・エデュケーター。クシ・アカデミー認定マクロビオティック・インストラクター。スピリチュアルカウンセラー。アメリカで心理学学士号&経営学修士、カナダで心理学カウンセリング修士取得。10 年間アメリカ・カナダの企業でコミュニケーション、人間関係、パフォーマンスなどをコーチング。心理カウンセリングはアドラー心理学、CBT、脳科学、およびアートセラピーをもとに、世界でここしかないホリスティックなカウンセリングを提供している。また、いろいろなテーマで各種セミナーを随時開催。5月はアドラー心理学に基づいた、「子供のこころを育てる」ワークショップ開催予定。カウンセリング&ワークショップの詳細はウェブサイトから。
www.sunnychung.ca

 

 

 

今週の主な紙面
6月21日号 第25号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
食都神戸2020プロジェクト…V-2
ウィルチェアーラグビー カナダカップ2018日本チームが準優勝…V-11
サレー日本語学校学習発表会と卒業式&創立40周年記念式典…V-14
MOVIES TIME OUT…V-15
ヨガと健康…V-21
ジャズと絵画のコラボ…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~18
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4

詳しくは6月21日号 第25号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ