メープルロード2003
2003年2月 第8号 掲載

   バンクーバーの夜を楽しむ ーナイトクラブ特集ー

   

    ダウンタウンの夜遊びスポットといえば、真っ先に思いつくのがナイトクラブ。日本に較べて、安く、手軽に行けるので、「週末の夜は、クラブで一暴れ」と言う人も多いのではないだろうか。今回のメープルロードでは、ダウンタウンのナイトクラブを、いくつか紹介してみたい。
★クラブへ行く前に★
 カナダでは、19歳未満はクラブへの入店が禁止されているため、ID(身分証明書)は必携。また、カナダの法律が改正され、現在は入店の際に2種類のIDの提示を求められる。パスポートやカナダの運転免許証などの様に、名前、顔写 真、誕生日、署名の入っている第一身分証明書と、クレジットカードやバンクカードといった、名前、顔写 真または署名の入った、第二身分証明書が必要。入り口に立つバウンサーによっては、ID一つでも入場できたりする場合があるが、法的には2種類のIDが必要となるので、どういう状況にも対処できるように、2種類のIDを持参した方がいいだろう。また、服装については、ドレスコードを設けている所もあるが、あまり深くは追求されないので、好みの服装で大丈夫。しかし、フロアに立って体を動かしていると、体が熱くなってくるので、薄着のお洒落も考えておいた方がいい。入場すると同時に服やバッグはコートチェックに預けてしまえば、身軽に踊ることができる。料金もだいたい1.5〜2ドルなので、貴重品さえ自己管理すれば、気軽に預けておくことができる。自己管理といえば、週末の混雑している状態の時に気をつけなければならないのが、“スリ”。ダンスやお酒、おしゃべりに集中するあまりに、被害に遭ってしまった、と言う人も少なくない。薄暗く混雑している中では、気付いたときにはすでに遅し、というのが実情なので、貴重品の管理には気をつけたい。


バンクーバー屈指の知名度を誇るナイトクラブ

Sonar 

Water St.とAbott St.の交差点の近くにあるSonerは、バンクーバーの中でも中心的存在のナイトクラブ。週末ともなると、毎週多くの人々が訪れ、大きな盛り上がりを見せている。広々した店内は、2つのフロアに分かれており、それぞれのフロアで異なったDJが、訪れた人達を毎夜楽しませている。音響や映像の設備も整っており、一旦中に入って雰囲気に身を任せてしまえば、テンションが上がること請け合い。音楽のジャンルも、ハウスやHip−hop、テクノなど、曜日ごとに多彩 なジャンルが楽しめる。イベントやプレイするDJの情報は、ウェブサイトで常に紹介されているので、ぜひ一度、覗いてみることを勧める。細部まで作り込まれており、見ているだけで楽しくなってくる。
住所:66 Water St.
電話番号:604-683-6695 休日:毎週異なる。月.水.金.土は、必ず営業 入場料:月―5ドル(11時まで)・7ドル(11時以降)     水―6ドル     金―8ドル     土―10ドル
ウェブサイト:www.sonar.bc.ca
Shine
 ウォーターフロント駅の東側、Water St.とE.Hastings St.の交差点にあるShineは、日曜日でも定期的に営業している数少ないナイトクラブ。店内は、プラチナカラーの照明とCGが絡み合い、独特の雰囲気をかもし出している。奥には、赤を基調とした別 室がある。音楽は専らハウスミュージックが中心だが、土曜日にはHip−hopやFunkもプレイされている。木曜日には80’sミュージックもプレイされる。ここでプレイしていたDJ Amerettoさんに、DJの際に好んでプレイする曲を、5曲挙げてもらった。
|Petalpusher ・Breakin、 It Down }Moony、Dove
~Felix da Housecat、Madame Hollywood Masters At Work、Clouds
゛on Carter、It’s Yours (いずれもハウスミュージック)
住所:364 Water St. 電話番号:604-408-4321
休日:火曜日 入場料:6ドル
ウェブサイト:www.shinenightclub.com


扉のむこうは未知の空間

The Odyssey
 Howe St.のB-Lineバスの停留所近くにあるOdyssey。ここの最大の特徴は、ゲイ.クラブであるということ。ゲイ・クラブだけあって、一度中に入ると、そこは男性ばかり。ステージやお立ち台の上では、上半身裸の男性が、艶かしい腰使いのダンスを披露している。ほとんどの男性が同性愛者であるため、女性が行っても声をかけられることは極めて少ない。ダンスに集中して楽しみたい、という女性には、もってこいの場所。音楽は、テクノやハウスなどのエレクトリックミュージックがほとんど。四つ打ちバスドラムの重低音が、心地良く耳に響いてくる。曜日によっては、コスチュームショーなどのイベントもあるので、女性が訪れても、充分楽しむことができる。
住所:1251 Howe St.
電話番号:604-689-5256 休日:無休   
入場料:日〜木―3ドル     金.土―5ドル
ウェブサイト: http://www.theodysseynightclub.com/
Atlantis Night Club
 Drake St.とRichards St.の交差点の程近くにあるAtlantisも、人気のナイトクラブの一つである。週末ともなると、入り口には多くの人達が並んで待っている。Sonar同様、店内はとても広く、色鮮やかな照明とCGが、大音響と共に集まった人々を煽動しているかのように見える。また、ここで特徴的なのは、Oxygen Bar。酸素をほんの少し過剰に摂取することにより、少しフラッとするような感覚を味わうことができる。 ステージの上では、時折ダンサーが切れの良いダンスを披露し、フロアで踊る人達を無言のうちに煽っている。Hip-hop好きな人には週末がお勧め。その他にも様々なイベントが用意されており、いつ訪れても飽きない。ウェブサイトで、情報が常にアップデートされているので、こまめにチェックすることをお勧めする。
住所:1320 Richards St. 電話番号:604-662-7707
休日:火曜日(日曜日と木曜日は、イベントのブッキングが無 ければ休み)
入場料:月.火.水―5ドル     金.土―10ドル
ウェブサイト:www.atlantisclub.net

 今回紹介した場所以外にも、ダウンタウンや近郊の都市には、幾つものナイトクラブが点在する。各店ともそれぞれ特徴的で、自分に合った店を探すのは、とても面 白い。インターネットでClubvives.com(http://www.clubvibes.com)や、VancouverNightlife (http://www.vancouver-nightlife.com/)といったサイトを検索してみると、ナイトクラブはもちろん、Barやライブハウスなど、夜遊びスポット全般 の情報を検索できる。「バンクーバーはつまらない」「やることがない」「行くところがない」と不満を漏らさずに、自分で楽しむ姿勢を持っていろいろ調べてみれば、面 白い所は必ずある。お洒落とお酒と音楽が好きな人と知り合い、楽しむチャンスが、ナイトクラブにはたくさんある。(取材:加藤文健)